人参の栄養を効率よくとる方法

こんにちは!福岡県福岡市の料理代行はないさです!

今日は食材の栄養のお話♪

 

毎日の食事で、彩りを添えてくれる人参。

実は、切り方や調理の仕方によって栄養を損ないがちな野菜なんです。

 

栄養士なら学校で習うのですが、栄養系の学校でないと習うことは無い知識があります。

そこで今回は、人参の栄養を余すことなく食べるためのコツをお伝えします♪

人参に多く含まれるビタミン

人参の栄養素と言えば、美肌や風邪予防に必要なβカロテン。

しかし人参の部位によって含まれる量が違うのをご存じですか?

 

βカロテンは皮側に多く含まれ、外側と中心部ではなんと2.5倍の差!!

冷蔵庫に置きっぱなしにしていると、中心部から葉が伸びることがありますが、これは中心部の栄養が葉に送られてしまうからなのです。

 

つまり、時間が経てば経つほど、中心部の栄養は抜け、ほぼ食物繊維になってしまうというわけ。

購入した人参は、なるべく早く使うのと、一度に使い切れない時は、外側と中心部を一緒に食べる乱切りか輪切りで調理しましょう♪

人参の皮を剥くのはもったいない!

先程、人参のβカロテンは外側に向かうほど多く含むことをお伝えしました。

ということは、普段ピーラーで剥いている人参の皮は、一番βカロテンが豊富に集まっている場所。

 

一番栄養満点なのに、捨ててしまうにはもったいないですよね。

本来の人参の皮はとても薄く、出荷前の洗浄時にほとんど剥けてしまうので、調理前に水で洗う程度で充分です。

 

どうしても皮を剥きたい場合はなるべく薄く剥いて調理するのが、無駄なく人参の栄養を摂るコツです。

人参は油と一緒に食べよう

人参のβ-カロテンは体内に入るとビタミンAに変わります。

ビタミンAは脂溶性ビタミン=油に溶けるビタミン。

 

生の人参ではβ-カロテンの吸収率は8%程度ですが、油炒めにすると70%程度も吸収できるのです!

なので、生で食べるより、油で炒めたり、オリーブオイルで和えるのがおススメです♪

人参は食べ合わせに注意

生の人参には、アスコルビナーゼと言う、ビタミンCを壊す酵素が入っています。

アスコルビナーゼは細かくすることで活性化するので、もみじおろしを作る場合はなるべく食べる直前に調理しましょう。

また、加熱したり、酢やレモン汁を使うと働きが抑えられるので、サラダなど生食する時は、酢やレモン果汁入りのドレッシングで和えましょう。

まとめ

毎日の食卓に登場する人参ですが、意外と調理のポイントが多いですよね。

せっかく料理するなら、食材の栄養を無駄なく摂りたいところ。

 

普段の生活では、なかなか栄養素のことを知る機会は少ないのではないでしょうか。

『はないさ』の料理代行では、栄養素のプロである管理栄養士が調理させていただくので、旬の食材を使用し、栄養満点な作り置きをご提供いたします。

 

お子様の食育のためのご利用や、調理でマンネリを感じている方にもおススメです♪

お問い合わせはお気軽にこちらから↓

友だち追加

参考文献

その調理、9割の栄養捨ててます!(世界文化社)

からだにおいしい野菜の便利帳(高橋書店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です